環境寺子屋とは

 

従来より危惧されている子ども達の「理科離れ」。これは先端科学やものづくりを担う人材の枯渇につながる重要な社会問題です。この問題解決が、国際社会において我が国が、高度な技術開発力や確固たる産業基盤を有する国家であり続けられるか否かの試金石であるといえます。そのためには、学校教育における自然科学系教科の教育力の向上をさらに進めていくことが必要と考えます。
  島根大学教育学部は、平成20年度~22年度に文部科学省の教育GPに採択され、自然科学が好きで実践力のある教師を育成することを目的として「環境寺子屋」を立ち上げました。小学校の教員免許取得には、教員免許法上は理科の実験は課されていません。しかし、本学部の学生の多くは、課外活動である環境寺子屋の体験学修プログラムの中で理科や家庭科の実験・観察・ものづくりを体験し、自然科学への自信を深めています。具体的には、課外でしかできない天体観察、、稲刈り体験、野鳥観察、茶摘み体験などを行い基礎力の幅を広げることにつなげていきます。経験を重ねた学生は、企画指導型のプログラムに参加することで、体験学修の企画段階から参加します。これにより学生同士が学び合う環境を作りだし、着実に指導力を身に付けている学生の姿がここではみられます。積極的にプログラムに参加する学生が多く、学内資格である「ネイチャーマイスター」や「グレイトネイチャーマイスター」を取得した学生が多数活躍しています。
 環境寺子屋は、これまでの実績が文部科学省で認められ、平成24年度から3年間の特別経費プロジェクトに採択されました。これまでの環境寺子屋の経験と実績を基軸に、海外の大学との連携も視野に入れながら、新たに大学院生には学部生の指導的な立場で参加を促し、地域の現職教員にも自己の研修の機会として活用できるよう、革新と挑戦を続けて行きます。

 

 

自然科学に強い教員の養成と地域との連携

環境・理科教育推進室長 教育学部 教授 松本 一郎

環境・理科教育推進室長 教育学部 教授 松本 一郎

島根大学教育学部の「環境寺子屋」は、理科や家庭科に強い教員の養成を目指し、実験と観察を必ず取り入れた大学生向けの科学プログラムを構築・実施してまいりました。これは、資源やエネルギーに乏しい日本だからこそ、未来においても科学技術立国を維持・発展させなくてはと、自然科学に強い教員の養成を通して、日本中の子どもの自然科学力の底上げを目指したものです。特に、自然に恵まれた島根県は自然科学を学ぶには好適地です。

私たちは、この「環境寺子屋」の学習プログラムを通して、地域や国際社会の様々な教員、子ども達との教育連携を深めることで、その成果を地域社会に還元していきたいと考えています。また、今後ともより多くの自然科学好きな教員の養成に努めてまいります。

  1. 多様な指導者の活用による「環境寺子屋」を設置し、運用しています。

    自然科学系の教員と自然科学の力量を有した専属のスタッフによる「環境寺子屋」を設置し、多様で効果的な教育体制を構築しています。

  2. 「自然科学力育成プログラム」を通した学生教育を行っています。

    ①「自然科学力育成プログラム」は、通常の卒業要件に加えて本学部独自で課されている「1000時間体験学修プログラム」として提供されています。

    ②「自然科学力育成プログラム」では、「自らの周囲にある様々な要素=環境とその科学」へのはたらきかけについて、理科や家庭科などの教科と関連させながら自然科学的な見識を深めることを目指します。

    ③科学実験や観察の基礎技術を習得し、科学的手法を軸とした理科系の教育実践が行える指導者を育成します。

    ④体得した成果を、科学実験講座等の企画・運営にいかすことで、さらに教育実践力を伸ばします。

以上の取り組みを通して、 環境および自然科学リテラシーに富み、豊かな自然・環境と共生できる「21世紀を生きる教員・指導者・生活者」を育てます。

体験学修を興味や好奇心だけでは終わらせないよう、積み上げてきた体験を客観的に評価し、可視化するプロファイルシートを効果的に利用します。プロファイルシートシステムは、特色GPで本学部がすでに成果を上げており、環境寺子屋ではそれを自然科学力に特化し設定・運用しています。

理科力育成のプロファイルシートとは

それぞれの体験学修の内容は、細分化された10の自然科学力で評価され、学生がつけた力、および今後意識してつけるべき力が簡単に概観できるようレーダーチャートで示されます。累積時間で体験学修を評価するのにとどまらず、その質的な評価を可能し、個々の学生に偏りのない知識吸収を促し、次の目標を明確に設定できるようにしています。このシステムを効果的に運用し、教師力向上に志向性をもたせながら学生教育を行っています。

プロファイルシートシステム出力イメージ

プロファイルシートシステム出力イメージ

10の自然科学力

10の自然科学力

ページの先頭へ