秋鹿町水田での体験活動

 島根県松江市秋鹿(あいか)町の水田で行っている米づくり体験活動について紹介します。
 この水田では、私たちは耕さない稲作「不耕起栽培」と冬に水田に水を張る「冬期湛水」とを組み合わせ、無農薬で稲作を実施しています。具体的な学生が参加する活動としては、田植え、草取り、稲刈り、ハデ干しがあり、すべて手作業で行っています。晩秋には地元の方と収穫祭を開き、体験を振り返ると共に自分たちで栽培した米の味を堪能します。地元農家の方にご指導を頂きながら、一緒に米づくりを行うことで、農業に関する基礎知識、農業の大変さ、食物の大切さなどを幅広く学んでいきます。また、四季を通して、水田周りの生物を観察し、水田と生物、生物と環境の関係についても学生とともに学んでいきます。

インフォメーション

   [2010.2.17] 秋鹿田んぼHPをアップしました。随時更新予定です。
   [2010.2.17] 2009年度に確認された生物の写真なども紹介しております。
              →こちら

  一言コラム

1年目の2009年度の秋鹿水田での収穫は30キロと少ないものでした。来年はもっと多く収穫できるように、と12月の収穫祭で参加者全員で強く誓いました。そのためには来年度はまず草取りを頑張ります!