>

カヤネズミ Micromys minutus [齧歯目ネズミ科]

 
本種は日本で一番小さいネズミで、主に関東以西に生息する。

水田や畑、河川敷などイネ科植物が密生した草地に多く生息する。
                     08.9.28
頭胴長(頭から尾の付け根までの長さ)は54~79mmと手のひらに乗るくらい小さく、可愛らしいネズミである。

イネ科植物の種子や草の実、昆虫などを食べる。

               
                     08.9.28
水田では稲の葉の間にイネ科の葉を編んで球形の巣を作る。

2009年度も水田内でカヤネズミの巣が確認された。
               
                     08.9.28