「活動の様子」に戻る >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> 田植え > 稲刈り > 収穫祭・成果報告会 >

    草取り&生物観察活動記録 2009.7.25(土)

活動募集案内パンフレット こちら

活動記録

活動時間:8:30-12:30

活動参加人数:10名(内、地元農家の方が2人)

活動内容:田植え後は無農薬で行っているため、水田にはコナギやヒエなどの草が繁茂していました。雑草の過剰な繁茂は稲の成長を妨げるため、草取りを行う必要があります。これが、米作りで一番大変な作業かもしれません。半日では、とても足りませんでしたが、少ない人数で頑張って草取りを行いました。
 草取りをしながら、ドジョウ、アカハライモリ、トノサマガエル、ツチガエル、チスイビルなどの生き物が多く確認されました。生き物にとっては、無農薬でとても棲みやすい環境だったと言えます。

活動写真

 

学生の声

稲を育てるときに、田植えや稲刈りだけでなく、草取りもしなくてはならないし、昔の人は機械もないので、こんな大変な作業をしていたんだなと思った。
色々な生物に触れながら、稲以外の草を取ることができた。
地元の方や一般の人などいろいろな人と話すことができた。
田んぼの中にこんなにもたくさんの生物がいるということを学んだ。
ヒルがたくさんいて、すごく嫌だったが、それが自然な環境なんだろうと感じた。
生き物がたくさんいる水田は面白いということが分かった。